会社沿革

1965年
尼崎市東大島にて創業 舶用自動操縦装置制御盤製造

1967年
株式会社に改組

1972年
本社工場を現在地に移転
高速道路料金デジタル表示器製造

1976年
「音判別型携帯式回路通電検査器」の開発製品化による科学技術長官賞受賞

1977年
マイクロコンピュータ応用技術課を設け機械・電気・電子を含む巾広い省力化設備製造に取り組む

1985年
画像処理技術に取り組む(兵庫県立工場試験所との共同開発)

1986年
自動テンションコントロール開発
昭和61年度、兵庫県先端技術研究開発審査を受理される

1989年
(財)研究開発型企業育成センターより液晶透明電極パターンリークオープン検査機開発の債務保証を受ける

1990年
タッチパネル機能検査装置開発

1994年
構造物運動監視システム(兵庫県新産業創造プログラム認定)

1995年
揺れる船上での質量計測装置の研究(通産省中小企業創造的活動促進法認定)
(兵庫県新産業創造プログラム認定)

1999年
「動力学センサーシステムの製造・販売」(通産省特定新規事業法認定)

2000年
超薄板エッジセンシング用画像処理ユニット開発

2001年
センシング技術応用型ディスペンスシール装置開発
多品種対応治具⇔プロセス装置間自動機種切替用IR通信ユニット開発

2002年
ISO14001(環境マネジメントシステム)取得

2003年
ISO9001(品質マネジメントシステム)取得

2004年
フルオート循環型エアーバック式加圧封止硬化システム完成
フルオート型タッチパネル検査システム完成

2005年
薄膜式太陽電池性能検査システム製作開始

2008年
ダイコーター&ディスペンス式面塗布装置開発
常圧型貼り合せ&仮硬化装置開発
ペンライト型UVLED照射器開発
合わせガラス結合用レーザー溶着装置開発

2011年
静電容量タッチパネル検査機製作開始
特性検査、Open/Short検査、端子間抵抗検査、容量検査
大型ガラス4辺外周エッジ用「ディスペンス式シール装置」製作

2013年
ハンディ型スイッチ感応検査器販売開始

2017年
創立50周年を迎える

2018 年
Bluetooth・Wifi通信での無線遠隔操作技術開発(遠隔地での機器操作&データー取得など)

2020 年
代表取締役社長に"梅木 憲"が就任(9月より)。