受注の流れ


1.ヒアリング


ヒアリング

まずは共栄制御機器にご相談ください。「現在の工程を自動化して、もっと効率的にしたい・・・」 「アイデアを形にして、新しい商品を開発したい・・・」共栄制御機器では徹底的なヒアリングによって、ご相談にこられたお客様のご要望や問題を根本から検証し突き止めます。


2.コンセプトづくり


コンセプトづくり

ヒアリングによって導き出された根本的な課題を踏まえ、共栄制御機器が誇るノウハウやアイデアを駆使して、最適なシステムをご提案いたします。その際には現状の生産ラインを視察したりし、システムを導入した場合のメリットなどを試算します。また同時に仕様やコストなどもご提案し、丁寧に詳細をご説明差し上げます。


3.仕様の確定


仕様の確定

システムに求められる機能をさらに細かく分解していき、定量的なスペックに落とし込む段階です。お客様の「こんなことしたい」という夢や思いを、実際に実体のある数値として定量化していく作業です。この工程が全ての工程の命運を握っていると言っても過言ではありません。お客様の予算の制約の中で、1台の機械が実現すべき処理量、検査精度、速度、強度といった情報を作りこんでいきます。


4.詳細設計


詳細設計

ここまで来れば、後は一気に進みます。全体の完成図から部品の1品1品に至るまで、全て図面化いたします。仕様を満たすために必要な強度や安全率の決定。部品同士の干渉のチェック、組立やメンテナンス性を考慮したレイアウトの最適化。など隅々まで神経を行き渡らせ、心を砕いて設計します。


5.製造組み立て


製造組み立て

部品加工、資材の調達を行い、自社工場で組付けます。また、制御プログラムを作成します。


6.稼働検査


稼働検査

製品が必要な機能を満たしているか、制御プログラムに不備はないか、納入前に動作確認を行います。


7.納品


納品

検査が終わった製品は梱包されてお客さまご指定の場所に納品されます。必要に応じてエアサス車を用いるなど、輸送時の破損等に対しても細心の注意を払っています。


8.アフターサービス


アフターサービス

弊社では原則として1年間の保証を行っております。また、納品後も安心して弊社製品をお使いいただけるよう、不具合時の対応、定期メンテナンス、消耗部品の補充、ライン変更に伴う小改造など有償・無償の様々なアフターサービスプログラムを整備しております。